大雨と雨漏り

梅雨明け宣言前には、梅雨の最後っ屁てきな大雨が降ります。

温暖化が進んでるせいなのか?

今年は、大雨による車両の完遂被害の修理と、豪雨による雨漏り修理が入りました。

雨漏りしたのは、サンルーフ付きの車です。

サンルーフの雨漏りの原因は、ほとんどの場合が、排水のための管が目詰まりすることによる「オーバーフロー」

サンルーフ付きの車には、フロント側の左右に、水抜き穴があります。

可動するサンルーフは、そのままでの防水処置は出来ません。(動くから)

ホコリや砂などは、雨とともに水抜き穴を通り、水抜きの管を通り、車体の下から車外へ抜けていきます。

この通路のどこかで目詰まりを起こした場合、抜けきれなかった雨水は室内に入り込みます。

大雨の時に、知らない間に、フロアマットがびちゃんこ!なんとことになるんです。

 

さて、こうなると、後が大変。水抜き管の目詰まりを直しても、室内に貯まった水は簡単には抜けません。

自然乾燥なんかに頼ってると、室内が腐った水の臭いでえらいことになります。

フロアカーペットには防振防音用に厚めのスポンジが付いてるから、いつまでも乾きません。

 

対処法は一つだけ! 写真のように・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シートから何から、全部取っ払って、フロアカーペットの下の水を取ります。

スポンジ部分にしみ込んだ水も、手間暇かけて吸い取ります。

そして、この状態で乾燥。 エアコンかけての除湿もします。

最期に全部もとに戻して完了です。

時間も手間も金額もかかる水漏れ修理です。(1週間くらいのお預かりで、4~5万円から)

 

防止策のひとつとして、たまには排水穴や排水ホースを掃除するに限りますね。

費用は10000円くらいです。

特に年式が古いサンルーフ付きの車なら、転ばぬ先の杖と思って施工しましょう♪

 

 

-カージャンボ広島

© 2021 株式会社 ピットイン鯉城商事