萩探訪

この夏は、思いもよらぬ長雨でした。

真夏のレジャーも楽しめず、マスクの中に汗をかきかき、息苦しさに耐える夏でした。

広島も「緊急事態宣言」が発せられて、益々人の動きが少なくなりました。

広島のおひざ元の企業 マツダさんも、自動車部品の半導体の入荷が遅れて、生産が出来ずにいるみたいです。

マツダの関連企業が多いだけに、なんとなく閉塞感が漂ってるようにも感じられます。

 

宣言が出る前に、ぶらり一人旅をしてきました。

山口県萩市です。

歴史に疎い方でも、「明治維新」はご存じかと思います。

かの有名な「吉田松陰」が江戸時代の末期に「松下村塾」を設立し、新しい日本の礎になる若者を育てた塾です。

写真は、左から、

「高杉晋作」「吉田松陰」「久坂玄瑞」

それぞれ、維新の志士として、徳川幕府を倒すために尽力しました。

今の、平等な社会があるのも、彼らのおかげですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

萩市では、今でも学校教育の場で吉田松陰先生の著書を用いた授業があるそうです。

平日で、観光客が少なかったこともあり、悠久の時代へタイムスリップしたような静かな時を過ごせました。

ステイホームで、お出掛けが制約されてる今こそ、近代日本を作り上げた偉人達を書いた本を読んで、

知らない時代に、思いを馳せるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

-カージャンボ広島

© 2021 株式会社 ピットイン鯉城商事