news

お知らせ

マツダ オートザム AZ-1 (E-PG6SA)のブレーキ回りのリフレッシュ作業

マツダ オートザム AZ-1 (E-PG6SA)のブレーキ回りのリフレッシュ作業のご紹介です。
前回の作業からの追加整備となります。
この際、大事にされているため、末永く快適に乗るためには、ブレーキのリフレッシュもご提案をさせていただきまして、マスターシリンダー、前後ブレーキキャリパーのシールキット交換と、ブレーキホースの交換となりました!
部品がまだあるうちにやっておいた方が良いかと思います。

前後のブレーキキャリパーです。
贅沢に4輪ディスクが採用されています。

分解した キャリパーとピストンになります。
錆が出ていましたが、致命傷となる傷などはなかったため、清掃してゴム類の交換をさせていただきました。
久しぶりにこういった作業をさせていただきました。
楽しい作業となりました。
車好きにとって、こういう仕事は、何かテンションが上がります!

マスターシリンダーです。
ここから、4輪のブレーキキャリパーに圧力を発生させる大事な部品です。
ここも分解をして、シールキットを交換します。

取り付け部は、長年の錆が多かったです。
清掃をして、マスターバック部分は、黒色の塗装をさせていただきました。

マスターシリンダー内部もこのように分解をして、ゴム類のリフレッシュです。
うちの店長も懐かしそうに、拝見していました。
うちの団長も興味深々で、懐かしんでいました。
致命傷となる損傷もなく、良かったです!

ブレーキホースも4輪共に交換させていただきました。
亀裂はなかったのですが、年数が年数なため、交換させていただきました。
最後、ブレーキ配管内のエア抜き作業を実施して、ブレーキのリフレッシュ作業を完了させていただきました。
試運転をした結果、ブレーキの効きが格段に向上しました。
ブレーキのタッチも良くなり、快適なブレーキフィーリングとなりました。
改めてブレーキは大事だなあ と思いました。
また追加作業がありますので、次回またご紹介させていただきます。
ありがとうございました。

作業目安時間

2時間

対象車両情報

初年度登録年月 平成5年
メーカー・ブランド マツダ
車種 オートザムAZ-1
グレード ベースグレード
型式 E-PG6SA