news

お知らせ

オルタネーター交換

走行中にバッテリーのランプが点灯したので見てほしいと、
お客様より修理依頼がありました。
来店された時は、もうぎりぎりの状態で
発電量は不足しているし バッテリーの容量は
ほとんど使いきっているしで 燦燦たる状況でした。

オルタネーター自体は普通に見えますが
中のダイオードがダメになったり ブラシの摩耗で
発電不良に陥ることが多々あります。

こうなってしまった場合はリビルド品のオルタネーターと交換します。
昔はダイオードなんかなかったので、ブラシとか取り寄せて修理できていたのですが
最近は、電子系が多いので丸ごと交換です。

リビルド品と交換して ベルトを張って試運転。
室内からスキャンツールを使ってアイドリング状態での発電量 通常走行回転での発電量等点検しながら走ります。
特に問題ないみたいなので、試運転終了。

メーターの中のバッテリーマークも消えて
修理完了です。
バッテリーは、完全放電じゃなかったので
いったん充電してお返ししました。
ただ、心配なので時々チェックにご来店いただきます。

作業目安時間

30分

対象車両情報

メーカー・ブランドスバル
車種レガシィアウトバック