BK3P マツダスピードアクセラ エンジン異音修理

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

今回の修理内容は、エンジン始動時にエンジンから異音(ガラガラ)がする点検修理です。

エンジンの音を聞いてみるとバルブの音とタイミングチェーンの音が聞こえます。調べていくとVVTアクチュエーターのロックピンに異常がありそうと分かりとりあえずエンジンを分解することに。

作業の邪魔になるものを取り外していきラッカーカバーを外します。そうするとタイミングチェーンとVVTアクチュエーターが見えてきます。

VVTアクチュエーターを見ると部品に破損箇所が見られます。これか異音の故障箇所だと思われます。部品をエンジンから取り外してみます。(このエンジンは特殊工具がないとエンジンを元の状態に戻せないので注意したほうがいいです)

左右の写真を見比べてみると赤丸の部分の違いが分かります。この部分の破損で正常な作動をしないためエンジンから異音が出ているようです。破損した部品を交換し修理完了です。

-カージャンボ広島 五日市工場

Copyright© 株式会社 ピットイン鯉城商事 , 2019 All Rights Reserved.