エンジンオイルランプ(警告灯)が点灯修理

更新日:

IMG_1408

エンジンオイルランプ(警告灯)が点灯するのは、エンジン作動中にオイルの油圧が低下した場合などにメーター内の警告灯を点灯させます。

IMG_1409

まずボンネットを開けて、エンジンオイルの量を確認します。オイルは汚れていますが、量は適量ありました。オイル交換のステッカーを確認すると次回交換距離が1000KMほど過ぎていました。お客様に確認を取った所、エンジンオイルの交換はあまりしていないとのことでした。エンジン内部を点検すると内壁にオイル汚れが多く見られました。

IMG_0647

エンジンオイルがたまっているオイルパンをエンジンがら外すとオイルの吸入口(オイルストレーナー)が見えます。ここからオイルポンプがオイルを吸い上げます。

IMG_0649

オイルストレーナーをオイルポンプから外しオイルの吸い口を確認するとエンジンオイルの汚れで9割ほどふさがっていました。エンジンオイルを交換しないとエンジン内部にオイルの汚れがたまりオイルの吸い口をふさいでしまいます。ここまで汚れがたまるとエンジンオイルが規定量エンジンに入っていてもオイルポンプがオイルを吸い上げることが出来ず最悪エンジンが壊れてしまいます。

IMG_0650

オイル汚れが厳しくちょっとやそっとではきれいになりません。オイルストレーナーを洗浄液でゴシゴシ洗いヤットきれいになりました。

IMG_1423

この赤丸がオイルパンになり、この中にオイルストレーナーがあります。部品をもとに戻したのでエンジンオイルを補充します。

IMG_1422

オイルも新しくなるのでついでに、オイルフィルターも交換しました。エンジンを始動してエンジンオイルランプが点灯しなければOKです。

IMG_1412

警告灯も消え、エンジンオイルの量も確認し走行テストも問題なく作業完了です。

 

 

 

-カージャンボ広島 五日市工場

Copyright© 株式会社 ピットイン鯉城商事 , 2019 All Rights Reserved.